コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テペスパン人 テペスパンじんTepexpan man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テペスパン人
テペスパンじん
Tepexpan man

1947年に H.デ・テラによってメキシコ峡谷のテペスパン村付近で発見された化石人骨。初期のアメリカインディアンのものとして重要な資料とされている。最初は男性のものとされたが,実際は 30歳以下で死亡した女性で,復元身長は約 150cm。頭蓋は大きく,脳容量は 1540cm3。人骨は2体のマンモスの骨とともに,更新世後期,雨期段階の湖成砂層中から発見され,放射性炭素による年代測定の結果,約1万 1000~1万 2000年前のものと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テペスパン人の関連キーワードカザン(Elia Kazan)新藤兼人イーグルスカシミールジュネ2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法アンバルツミアン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android