コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テペ・スカンダル遺跡 テペ・スカンダルいせきTepe Skandar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テペ・スカンダル遺跡
テペ・スカンダルいせき
Tepe Skandar

アフガニスタン,カブールの北約 30kmのバーラー・アーブ村の東にある 440m× 280mのテル。スカンダルはペルシア語で「アレクサンドロス」の意。 R.ギルシュマンがかつてストラボンのいうオルトスパナに比定した遺跡。京都大学中央アジア調査隊が 1970年より調査を行い,2層の建物の堆積を検出している。上層では付近にあるイスタリフ窯の陶器を伴う近世の建物址,下層からは赤色土器,文様にササン朝期の伝統をひく印文土器を伴う神祠風遺構が出土しており,大理石製のヒンドゥー教神像が発見された。ウマー・マヘーシュバラ神の並坐像で,台座にはブラーフミー文字銘文が刻されていた。この神像から玄奘の『大唐西域記』迦畢試国の条にみえるしゅう蔽多伐刺詞城ではないかと推測されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テペ・スカンダル遺跡の関連キーワードアフガニスタン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android