テュービンゲン大学(読み)テュービンゲンだいがく(英語表記)Eberhard-Karls-Universität Tübingen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テュービンゲン大学
テュービンゲンだいがく
Eberhard-Karls-Universität Tübingen

ドイツ,テュービンゲンにある大学。正式名称はエーベルハルト・カルル大学テュービンゲン。 1477年ウュルテンベルク伯エーベルハルト5世によって設立された。 1863年,ドイツの他大学にさきがけて自然科学部を創設。現在,プロテスタント神学,カトリック神学,法律,経済,医学,哲学,社会・行動科学,現代語学,歴史学,数学,物理学,化学・薬学,生物学,地学などの学部があり,そのほか通信教育部,特殊教育施設 (ロイトリンゲン教員養成大学内) などを付置している。教員数約 1800名,学生数約2万 5000名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テュービンゲン大学の関連情報