コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンゲル山地 テンゲルサンチ

3件 の用語解説(テンゲル山地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テンゲル‐さんち【テンゲル山地】

Tengger》インドネシア、ジャワ島東部の山地。約10キロメートル四方に広がるカルデラ地形の火山群であり、中央火口丘のブロモ山のまわりを外輪山が囲む。また、南端には同島最高峰スメル山が位置する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テンゲルさんち【テンゲル山地 Tengger Mountains】

インドネシア,ジャワ島東部にある火山群。マラン市の東に位置し,東西10km,南北8kmの雄大なカルデラ地形を展開する。ジャワ島を貫く若い火山群の一つで,カルデラの中央にそびえるブロモ火山(2581m)は絶えず噴煙を吐く。この火山は民間信仰の対象ともなり,多くの神話伝説と結びつく。ブロモを中心にバトク,クルシなどの火山もあり,これら中央火山群の周囲は〈砂海〉を形成し,その周縁を外輪山が囲んでいる。外輪山の最高点はペナンジャカン峰で2770mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンゲル山地
てんげるさんち
Tengger

インドネシア、ジャワ島東部の山地。東西10キロメートル、南北8キロメートルに及ぶカルデラ地形の火山群からなる。ブロモ火山(2581メートル)を中央火口丘として、その周縁を最高峰のペナンジャカン(2770メートル)をはじめとする外輪山が囲む。カルデラ内は砂漠状の地形をなすが、外輪山の山麓(さんろく)では天然ゴム、コーヒーなどのプランテーション農業が発達している。この山地の南にはジャワ島の最高峰スメル火山(3676メートル)がそびえる。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テンゲル山地の関連キーワードインドネシアインドネシア語派ジャワ語マドゥラ語サマランジャガタラインドネシア海溝タマンミニインドネシアスメル[山]ジャワ種 (Java)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone