テンゲル山地(読み)テンゲルサンチ

デジタル大辞泉の解説

テンゲル‐さんち【テンゲル山地】

Tengger》インドネシア、ジャワ島東部の山地。約10キロメートル四方に広がるカルデラ地形の火山群であり、中央火口丘のブロモ山のまわりを外輪山が囲む。また、南端には同島最高峰のスメル山が位置する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

テンゲルさんち【テンゲル山地 Tengger Mountains】

インドネシア,ジャワ島東部にある火山群マラン市の東に位置し,東西10km,南北8kmの雄大なカルデラ地形を展開する。ジャワ島を貫く若い火山群の一つで,カルデラの中央にそびえるブロモ火山(2581m)は絶えず噴煙を吐く。この火山は民間信仰の対象ともなり,多くの神話伝説と結びつく。ブロモを中心にバトク,クルシなどの火山もあり,これら中央火山群の周囲は〈砂海〉を形成し,その周縁を外輪山が囲んでいる。外輪山の最高点はペナンジャカン峰で2770mに達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンゲル山地
てんげるさんち
Tengger

インドネシア、ジャワ島東部の山地。東西10キロメートル、南北8キロメートルに及ぶカルデラ地形の火山群からなる。ブロモ火山(2581メートル)を中央火口丘として、その周縁を最高峰のペナンジャカン(2770メートル)をはじめとする外輪山が囲む。カルデラ内は砂漠状の地形をなすが、外輪山の山麓(さんろく)では天然ゴム、コーヒーなどのプランテーション農業が発達している。この山地の南にはジャワ島の最高峰スメル火山(3676メートル)がそびえる。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android