コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーオドール ドイブラー Theodor Däubler

20世紀西洋人名事典の解説

テーオドール ドイブラー
Theodor Däubler


1876 - 1934
ドイツの詩人。
アドリア海沿岸生まれ。
代表作叙事詩極光」(1910年)があるが、故郷の風光を文学形成に意識し、ギリシア古典の美形式をもとにキリスト教倫理をふまえ宇宙論的に発展させた。3万行に及ぶ膨大な量と、当時世の中に理解されなかった事から、完全な出版をいまもって見ていない。他に「星明りの道」(’15年)、「アッティカソネット」(’24年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

テーオドール ドイブラーの関連キーワード清水宏島津保次郎おもなお雇い外国人[各個指定]芸能部門シュペーア伊藤大輔村田実山本嘉次郎エジソン(アメリカの発明家)伊丹万作

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android