テーオドール ドイブラー(英語表記)Theodor Däubler

20世紀西洋人名事典の解説

テーオドール ドイブラー
Theodor Däubler


1876 - 1934
ドイツの詩人。
アドリア海沿岸生まれ。
代表作叙事詩極光」(1910年)があるが、故郷の風光を文学形成に意識し、ギリシア古典の美形式をもとにキリスト教倫理をふまえ宇宙論的に発展させた。3万行に及ぶ膨大な量と、当時世の中に理解されなかった事から、完全な出版をいまもって見ていない。他に「星明りの道」(’15年)、「アッティカソネット」(’24年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android