コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーブルタップ テーブルタップtable tap

3件 の用語解説(テーブルタップの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テーブル‐タップ(table tap)

コードの先端に数個のプラグ受け口を備えた電気用接続器具。マルチタップ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テーブルタップ
てーぶるたっぷ
table tap

コンセントが2個以上連続した形状の屋内配線器具。3個口、4個口、5個口などがある。タップとは電気接続端子のことで、卓上で使用されることが多いことからこの名がある。コンセントの数が不足しているときなどに複数の電気器具をつないで使用することが多いが、1個のコンセントには1台の機器が原則であり、複数使用するときは許容電流に注意が必要である。屋内配線との接続は、コンセントから差込みプラグによりコードで行わなければならない。コードの断面積は過電流による過熱の危険を避けるため1.25平方ミリメートル以上とされている。また、コードの長さは3メートル以下であることが望ましいと内線規程(経済産業省の「電気設備の技術基準の解釈」に記載された内容を具体的に定めた民間規程)に記されている。テーブルタップが接続される屋内配線は15アンペア分岐回路、または20アンペア配線用遮断器分岐回路とされているが、一般住宅のコンセント回路はすべてこの範囲に設備されているので、使用について家庭内での回路に問題はない。テーブルタップは、延長コードとあわせて「延長コードセット」として電気用品安全法が適用される特定電気用品であり、そのマークのあるものでなければならない。[越野一二・市川紀充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テーブルタップの関連情報