コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディアベリ ディアベリ Diabelli, Anton (Antonio)

2件 の用語解説(ディアベリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディアベリ
ディアベリ
Diabelli, Anton (Antonio)

[生]1781.9.6. ザルツブルク近郊マットゼー
[没]1858.4.7. ウィーン
オーストリアの作曲家,出版業者。 M.ハイドンに師事し,ミサ曲やオペレッタ,多数のピアノと歌曲の小品を作曲。また 1818年音楽出版社を興し,ベートーベンシューベルトの作品を出版。ベートーベンの『ディアベリワルツによる 33の変奏曲』によりその名はよく知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディアベリ
でぃあべり
Anton Diabelli
(1781―1858)

オーストリアの楽譜出版家、作曲家。ザルツブルクに生まれ、ミヒャエル・ハイドンに学ぶ。1803年にウィーンに出てピアノとギターの教師、作曲家として活躍するが、やがて楽譜出版に進出、カッピ・ウント・ディアベリ社は人気オペラダンス音楽の出版により成功し、21年の『魔王』(作品1)以来、シューベルト歌曲の出版で名声を博した。19年、ディアベリは当時のオーストリアの有力な作曲家全員に自作のワルツの主題を送り、変奏曲の作曲を求めた。その曲集『愛国芸術家協会』(1824)には、ベートーベンの『ディアベリ変奏曲』のほか、シューベルト、チェルニー、11歳のリストの名もみられる。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディアベリの関連キーワードウュルツブルクザルツブルクウュルツブルク司教館カメラータ・ザルツブルクザルツブルク音楽祭ザルツブルク・バロック聖霊降臨祭音楽祭ザルツブルク祝祭劇場ザルツブルク盆地ザルツブルク・モーツァルテウムホーエンザルツブルク要塞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディアベリの関連情報