コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオスクルス Dioscorus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオスクルス
Dioscorus

[生]?. アレクサンドリア
[没]530.10.14. ローマ
教皇ボニファチウス2世(在位 530~532)の対立教皇(在位 530.9.~10.)。アレクサンドリア助祭だったが,キリスト単性説に反発してローマへ赴く。教皇シンマクス(在位 498~514)に仕え,東ゴートのテオドリック大王(在位 493~526)への教皇特使としてラベンナへ派遣された。また 519年,教皇ホルミスダス(在位 514~523)により,使節団を率いてコンスタンチノープルへ派遣され,東西教会の再統一を果たした。教皇フェリクス4世(3世。在位 526~530)は,ゴート人ビザンチン帝国の間でイタリアの支配と教皇の座をめぐる争いが起こるのを避けるため,ゴート人の血を引くボニファチウス2世を後継者に指命したが,ローマの聖職者の大多数はそれを拒否してディオスクルスを擁立し,両者は同時に教皇として登位した。だが,ディオスクルスの突然の死によりこの分裂は終わった。当時の教会法に従えば,ディオスクルスが教皇であるとする主張は正当であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ディオスクルスの関連キーワードボニファチウス2世キュロス2世よしいけいこ間中由希篠崎菜穂子フェリクス4世(3世)カンビセス(2世)新羅(しらぎ)爾朱栄パレスチナの人口動態

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android