コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオスコロス Dioskoros

世界大百科事典 第2版の解説

ディオスコロス【Dioskoros】

?‐454
アレクサンドリア主教。在位444‐451年。単性論派分離の立役者。コンスタンティノープルエウテュケスがキリストの人性とふつうの人間の人性とは異なるとして,キリスト単性論を主張したとき,これを支持し,エフェソスのいわゆる〈盗賊教会会議〉(449)を主宰して,コンスタンティノープル主教フラビアノスPhlabianos(フラウィアヌスFlavianus)その他をネストリウス的異端として弾劾した。しかしカルケドン公会議(451)で逆に罷免され,追放された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のディオスコロスの言及

【カルケドン公会議】より

…参加主教の数は約600名とそれまでの最大であったが,西方からはローマ主教の使節とアフリカの主教が参加したにすぎなかった。449年にエウテュケスの単性論をめぐり,エフェソスで開かれた公会議がいわゆる〈盗賊教会会議〉として,単性論派のアレクサンドリア主教ディオスコロスDioskorosの専横に終わったので,カルケドン公会議は〈盗賊教会会議〉の決議を取り消すことを目的とした。その目的は達成されたが,さらにローマ教会と皇帝の要求によって,《レオの教書》(レオ1世)の線に沿った新たな信条〈カルケドン信条〉が作成された。…

【盗賊教会会議】より

…前年,単性論で異端とされたエウテュケスの問題をめぐって開催された。単性論派のアレクサンドリア主教ディオスコロスが実力で会議を支配し,エウテュケスの復位,コンスタンティノープル主教フラビアノス(フラウィアヌス)その他の罷免を決議し,単性論の勝利をうたった。しかし皇帝テオドシウス2世の急死とともに教会の動向が変わり,カルケドン公会議(451)は,エフェソス会議の公会議の名称と決議すべてを取り消した。…

※「ディオスコロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディオスコロスの関連キーワードキリスト単性説コプト教会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android