コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過去現在因果経 かこげんざいいんがきょう

4件 の用語解説(過去現在因果経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過去現在因果経
かこげんざいいんがきょう

仏教経典。4巻。劉宋の求那跋陀羅 (ぐなばっだら) 訳。過去世において普光如来のもとで出家し修行した釈尊は,その因が実を結んで現在世には成道しえたという仏伝を,釈尊みずから説くという形式で書かれた経典。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かこげんざいいんがきょう〔クワコゲンザイイングワキヤウ〕【過去現在因果経】

仏伝を述べた経典。4巻。宋に渡ったインド僧求那跋陀羅(ぐなばつだら)が444~453年ごろ漢訳。釈迦(しゃか)の自伝の形式で、過去世に善慧仙人として生まれ、普光如来に師事して成仏の予言を受け、その因縁によってこの世に仏陀として生まれたと説く。絵巻形式の絵因果経もある。過現因果経。因果経。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かこげんざいいんがきょう【過去現在因果経】

仏伝の代表的経典。445~453年頃、求那跋陀羅ぐなばつだらが漢訳。四巻。釈迦の前世とその生涯の大部分を説く。因果経。過現因果経。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過去現在因果経
かこげんざいいんがきょう

仏伝の一種。南朝宋(そう)(420~478)の求那跋陀羅(ぐなばっだら)訳。4巻。題名の意味は、仏(釈迦(しゃか))の過去世の事蹟(じせき)と、現在世の事蹟(成道(じょうどう)、転法輪(てんぼうりん)など)との間に因果関係のあることを教えるもので、これは譬喩(ひゆ)文学(アバダーナ)の一般的形式である。本経は、舎衛国(しゃえいこく)の祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)において、仏が自ら過去世に善慧(ぜんえ)仙人として普光如来(ふこうにょらい)に散華(さんげ)供養して成仏の予言を受けたことを語り、ついで、入胎、出胎、出家、降魔(ごうま)、成道、転法輪、五比丘(びく)をはじめとする弟子衆の教化によって1250人の阿羅漢(あらかん)のできたことなどを説き、最後に善慧仙人以下、過去世の登場人物と現在世の諸人物との対応、同一性を明かして終わる。『開元録(かいげんろく)』によれば、本経の漢訳は6種あり、そのうち『修行本起経(しゅぎょうほんぎきょう)』『太子瑞応本起経(たいしずいおうほんぎきょう)』が現存する異訳であるというが、かならずしも同一内容とはいえない。本経は後世、絵因果経として仏伝の画を付して広く流布された。[高崎直道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過去現在因果経の関連キーワードベタイン結経謝状宗典請来序品述べ立てる論文因ってグリシンベタイン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過去現在因果経の関連情報