劉義慶(読み)りゅうぎけい(英語表記)Liu Yi-qing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉義慶
りゅうぎけい
Liu Yi-qing

[生]元興3(404)
[没]元嘉21(444)
中国,六朝時代,宋の文学者。彭城 (江蘇省徐州) の人。王室の一族で,侍中,中書令などを歴任,その後荊州刺史,江州刺史など地方の役人をつとめた。文学を好み,鮑照など当時一流の文学者をその幕僚に集めた。魏,晋時代の名士の逸話を,徳行,言語などその内容別に記した『世説新語』が著書として知られるが,あるいは実際には幕下の文学者たちが書いたものとも考えられている。ほかに志怪小説集『幽明録』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうぎけい【劉義慶】

403~444) 中国、南北朝時代の宋の文人。宋の初代皇帝武帝の弟の子として臨川王を継ぎ、広く文学の士を招いて「世説新語」を編んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の劉義慶の言及

【佚事小説】より

…中国,有名人の逸話や史書に記載されないような細かな事跡を記録したもの,またはその集。この代表的作品として南朝宋の臨川王劉義慶の撰に成る《世説新語》を挙げることができる。それには後漢から東晋に及ぶまでの有名人の逸話を徳行・言語・政治・文学・雅量・豪爽・傷逝・賢媛・任誕・倹嗇・汰侈・惑溺など36門に分類して収載している。…

【世説新語】より

…中国,南朝宋の王族,劉義慶(りゆうぎけい)(403‐444)の作というが,その幕下にいた文人の作とする説もある。原本は10巻あったが,現行本は3巻。…

【中国文学】より

… 〈小説〉はもともとささいな雑記の集録であった。魏・晋以後二つの方向をとり,干宝の《捜神記》と劉義慶の《世説(せせつ)新語》とがそれぞれを代表する。前者は怪異談を集め,超自然への恐れを核とする幻想の拡大へ向かい,仏教や道教の霊験記の類と親近性がある。…

※「劉義慶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android