コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディレンマ dilemma

翻訳|dilemma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディレンマ
dilemma

両刀論法。形式論理学の用語。三段論法の一種で,2つの仮言的命題を結びつけてともに肯定する大前提と,この前提部分を選言的に肯定するかまたは帰結部分を選言的に否定する小前提とをもつ。たとえば「忠ならざれば不正義。孝ならざれば不正義」,「しかるに忠ならんとすれば孝ならず,孝ならんとすれば忠ならず」,「ゆえにどちらにしても不正義」のたぐいである。ディレンマは必ずしも困った結論を導くとはかぎらないが,もともとそれが論難のための修辞的手段として用いられたものであるため,通俗の用法では,どちらを選んでも解決できない板ばさみの窮境をさす意味に用いられる。なお,小前提の選言肢が3つ以上ある場合は,ポリレンマ polylemmaと呼ばれることもあるが,これも広義のディレンマに属するといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ディレンマ【dilemma】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディレンマ
でぃれんま
dilemma英語
Dilemmaドイツ語

ジレンマともよび、両刀論法ともいう。ありうべき場合を二つにわけ、そのどちらを前提としても同じ結論に至ることを示し、そのことからその結論が避けがたいことを主張する論法。形式でいえば、「AかB AならC BでもC ゆえにC」となる。Cとして論敵の受け入れにくい命題をとるときには、論敵を追い詰めるのに強力な論法とされる。また、進退窮まる状況になったことを「ディレンマに陥った」などという。[吉田夏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディレンマの関連キーワードストックトン(Frank Richard Stockton)ガーフィールド(Leon Garfield)フランク・R. ストックトンマハティール・モハマドロバート トリフィン国際流動性問題国際通貨問題投資保護協定投資ファンドトリフィンアリオスト吉田夏彦南北問題ライル華僑

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディレンマの関連情報