コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両刀論法 リョウトウロンポウ

デジタル大辞泉の解説

りょうとう‐ろんぽう〔リヤウタウロンパフ〕【両刀論法】

ジレンマ2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

両刀論法【りょうとうろんぽう】

英語dilemma(ジレンマ)などの訳。論理学では二つの仮言命題を大前提,一つの選言命題を小前提とし,定言命題または選言命題の結論を導き出す三段論法の一種。たとえば,〈お前が真実を語れば他人が憎むだろう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうとうろんぽう【両刀論法】

ジレンマdilemmaともいう。伝統的形式論理学に登場する概念で,元来,後件を共通にする二つの仮言命題と,その二つの前件の選言とからその後件を推論する論法であるが,後件を別のものにとったり,前提の一つを後件の選言でなく各後件の否定の選言としたりして拡張した推論をもいう。比喩的には二つの選択肢しかなく,そのどちらを選んでも困った結果に導かれるとき,ジレンマに陥ったという。ジレンマは前提の仮言命題の数をふやすことによってトリレンマtrilemma以上にも拡張できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうとうろんぽう【両刀論法】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両刀論法
りょうとうろんぽう

ディレンマ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両刀論法
りょうとうろんぽう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例