コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーステルウェーク

百科事典マイペディアの解説

ディーステルウェーク

ドイツの教育学者。中等学校の教師を経て師範学校長となる。のちベルリン市議会で反動文教政策とたたかい,宗教と教育の分離にも貢献。フィヒテに影響を受け,独自の国民教育論を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone