コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デキウス・ムス デキウス・ムスDecius Mus, Publius

3件 の用語解説(デキウス・ムスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デキウス・ムス
Decius Mus, Publius

古代ローマの伝説的英雄。前4世紀の軍人。第1次サムニウム戦争に従軍。伝説では前 340年執政官 (コンスル ) のとき,みずからを神に捧げて戦死し,ローマの勝利を導いたとされるが,現在ではおそらくは虚構,もしくは息子と取違えられたものとみられる。

デキウス・ムス
Decius Mus, Publius

古代ローマの伝説的英雄。4度執政官 (→コンスル ) に就任 (前 312,前 308,前 297,前 295) 。前 295年センチヌムの戦いで一身を犠牲にした。これはおそらく事実とみられているが,この戦いの勇者は彼ではなく,ファビウス・ルリアヌスなる人物であった。

デキウス・ムス
Decius Mus, Publius

古代ローマの伝説的英雄。エピルスピュロスとの戦いで祖父 (→デキウス・ムス ) や父 (→デキウス・ムス ) と同様に死んだと伝えられるが,この伝説も現在ではおそらく誤りとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone