コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル・ディバイド デジタル ディバイド

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デジタル・ディバイド

パソコン、インターネットなどの情報技術を使いこなせると使いこなせない者の間に生じる格差のこと。情報格差とも呼ばれる。コンピューターの購入費用、使いこなすためのスキル、通信インフラの有無などによって、得られる収入や情報量の格差、利用できるサービスの格差などが発生する。途上国と先進国とでは、もともと経済、教育、通信環境に格差があり、デジタル・ディバイドによって、さらに経済的な格差が広がってしまうことが問題視されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デジタル・ディバイド

情報技術を持つものと持たないものとの間に生じる格差。生活環境や収入,学歴などの格差が所得に反映した結果パソコンを習得する機会にも差が生じ,それによるメディア・リテラシーの格差が所得格差をいっそう拡大する傾向を指す。
→関連項目IT革命情報リテラシー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

農林水産関係用語集の解説

デジタル・ディバイド

インターネットやパソコン等の情報通信技術を利用できる者と利用できない者の間に生じる格差。

出典|農林水産省農林水産関係用語集について | 情報

デジタル・ディバイドの関連キーワードデジタルデバイド

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デジタル・ディバイドの関連情報