コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル・ディバイド(読み)デジタル ディバイド

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デジタル・ディバイド

パソコン、インターネットなどの情報技術を使いこなせると使いこなせない者の間に生じる格差のこと。情報格差とも呼ばれる。コンピューターの購入費用、使いこなすためのスキル、通信インフラの有無などによって、得られる収入や情報量の格差、利用できるサービスの格差などが発生する。途上国と先進国とでは、もともと経済、教育、通信環境に格差があり、デジタル・ディバイドによって、さらに経済的な格差が広がってしまうことが問題視されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

デジタル・ディバイド

情報技術を持つものと持たないものとの間に生じる格差。生活環境や収入,学歴などの格差が所得に反映した結果パソコンを習得する機会にも差が生じ,それによるメディア・リテラシーの格差が所得格差をいっそう拡大する傾向を指す。こうした状況を受けて米商務省が1999年に実施した〈The Digital Divide Summit〉により,一般的な言葉となった。2000年の九州・沖縄サミットでは,デジタル・ディバイドの解消を主要課題としたIT憲章が採択された。→情報弱者
→関連項目IT革命情報リテラシー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android