デジタル信号(読み)デジタル シンゴウ

  • digital signal
  • でじたるしんごう
  • デジタルしんごう
  • デジタルしんごう ‥シンガウ
  • デジタルしんごう〔シンガウ〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

データを数値符号化して表す信号コンピューター回路では、連続的なアナログ波形電圧の低(0)と(1)だけで表現する。具体的には、アナログの波形を一定間隔で分割して(サンプリング)デジタル信号に変換する。このサンプリングの間隔が細かいほどデータの精度が高い。デジタル信号はアナログ信号に比べて、あいまいさがない、変形しにくいなどの利点があるが、サンプリングする際にデータが切り捨てられるため、完全にデータを再現できないという欠点もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計数できる信号。連続したを表わすアナログ信号に対する用語。情報伝達の確実さにおいてすぐれ,0と1を区別すれば足りる二進法をその基本とすることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

情報の変化を時間的にとびとびの時点での値を表す符号列とした信号をいう。これに対して、情報の変化が時間的に連続している信号をアナログ信号という。デジタル信号の基本となる符号は通常「0、1」の2進数であるが、物理的な電気信号としては電流の有無や電圧のプラス・マイナスもしくは正弦波(交流信号)の位相角0度・180度などに対応させている。アナログ信号の場合は、伝送による減衰やひずみあるいは雑音の混入がそのまま再生信号に影響を与えるため、伝送後の信号は劣化しやすいが、デジタル信号の場合は、符号が情報なので、伝送による減衰やひずみがあっても、符号「0、1」のいずれかであることが識別できれば伝送による信号の劣化は生じない。

[坪井 了・三木哲也]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 情報を電気パルスの有無で示した信号。コンピュータに利用。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android