コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デッシー デッシー Dessí, Giuseppe

2件 の用語解説(デッシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デッシー
デッシー
Dessí, Giuseppe

[生]1909.8.7. カリアリ
イタリアの小説家,劇作家。ピサ大学時代から『ポルタノーバ』『オルト』などの文芸誌に拠って作品を発表。一貫して幼少年時代をおくったサルジニア島の風土を描いている。主著『聖シルバーノ』 San Silvano (1939) ,『雀』I passeri (55) ,『エレオノーラ・ダルボレーア』 Eleonora d'Arborea (64) ,『影の土地』 Paese d'ombre (72) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デッシー
でっしー
Giuseppe Dess
(1909―1977)

イタリアの小説家。サルデーニャ島生まれる。ソラーリア』『レッテラトゥーラ』誌に拠(よ)って作品を発表。初期の長編『サン・シルバーノ』(1939)から、代表作『脱走兵』(1961)を経て、『影の村』(1972)に至るまで一貫して、故郷の島で過ごした幼少年期の追憶、そこに交錯する歴史と現在の状況を描く。ほかに『ミケーレ・ボスキーノ』(1942)、『雀(すずめ)』(1955)など多数。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デッシーの関連キーワードビスカリアカリブー罷り在りリアリティーニカリア島海のアリアカリアナアリアリハリアリ(針蟻)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デッシーの関連情報