デハール城(読み)デハールジョウ

デジタル大辞泉の解説

デハール‐じょう〔‐ジヤウ〕【デハール城】

Kasteel de Haar》オランダ中部の都市、ユトレヒトの郊外にあるネオゴシック様式の城。廃墟同然だった城を、1892年から1912年にかけて同国の建築家ペトルス=カイパースの設計で再建。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

デハールじょう【デハール城】

オランダの首都アムステルダムの南30km、ユトレヒト(Utrecht)の郊外にある19世紀の城館。同国で最も人気のある歴史的建造物の一つである。ユトレヒト駅からバス、またはタクシーで15~30分ほどの場所にある。この城は、13世紀ごろ、ファン・ザイレン家の城として建設されたが、17世紀にフランス王ルイ14世により攻撃されるなど、絶え間ない戦争の中で廃墟となり、1890年にこの城を相続したエリーネ・ファン・ザイレン男爵が、アムステルダム中央駅などを設計した建築家カイパースに依頼して、古い城壁を生かしながらネオゴシック様式で復元・再建した。19世紀末の豪勢なインテリアで、フランドルのタペストリーやペルシャ絨毯(じゅうたん)、ルイ14世調の家具や調度品、日本の大名籠や東洋の花瓶などのコレクションが展示されている。跳ね橋やバラの花が咲く広大な庭園がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android