コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デマンドレスポンス デマンドレスポンス demand response

2件 の用語解説(デマンドレスポンスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

デマンド‐レスポンス(demand response)

電力消費のピーク時に電気料金単価が割高になったり、節電努力に応じて何らかの報酬が得られたりすることで、電力消費の総量を抑制する仕組み。需要反応需要応答需要家応答。DR。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デマンドレスポンス
でまんどれすぽんす
demand response

不要不急の電力使用を抑えて、電力需要のピークを引き下げようとする概念。需要応答、需要家応答ともよばれる。家庭や工場などの電力消費量をリアルタイムで把握する次世代電力計(スマートメーター)やITなどを活用し、料金が安い時間帯に電気を使用、蓄電するように需要家を促す手法をとる。具体的には、昼間の料金を高く夜間料金を安く設定する「時間帯別料金」、翌日の電力需給が逼迫(ひっぱく)しそうな場合にピーク時の電気料金を一段と高くする「緊急ピーク時課金制度」、電気使用量を削減した需要家に料金を払い戻す「緊急ピーク時リベート」などの手法がある。
 従来、日本はじめ各国は電力需要のピークにあわせて、発電所を増やして電力供給力を増強する政策をとってきたが、2003年のニューヨーク大停電を機に、アメリカで電力使用を自動的にコントロールするスマートグリッド(次世代電力網)を活用したデマンドレスポンスの考え方が広がった。日本でも2011年(平成23)3月の東日本大震災時の福島第一原子力発電所の停止などによる電力不足をきっかけに、消費者や企業が節電に協力して、人手によりデマンドレスポンスを行う手法がとられた。そのため、日本でもスマートグリッドによる自動化されたデマンドレスポンスへ、電力政策の比重を移すべきだとの主張が環境保護派や情報産業界などから出ている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デマンドレスポンスの関連キーワード電気料金制度ピークロードプライシング随時調整契約デマンドコントロール電気料金の原価電気料金のしくみ電力需要のピーク企業向けの電気料金電気料金と原価トークス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デマンドレスポンスの関連情報