コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュコマン デュコマン Ducommun, Élie

3件 の用語解説(デュコマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュコマン
デュコマン
Ducommun, Élie

[生]1833.2.19. スイスジュネーブ
[没]1906.12.7. スイス,ベルン
スイスの作家,編集者。ジュネーブとベルンで新聞・雑誌の編集者として働いたのちは,もっぱらジュラ・シンプロン鉄道の幹部として職業生活をおくったが,引退後は平和活動に捧げた。 1867年設立の国際平和自由同盟の機関誌『ヨーロッパ国家連合』の編集を担当,89年パリで開催された第1回国際平和会議に出席した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュコマン

スイスの著述家,平和運動家。国際平和同盟中央委員,国際平和局局長を歴任。1902年ゴバとともにノーベル平和賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュコマン
でゅこまん
lie Ducommun
(1833―1906)

スイスのジャーナリスト、平和運動家。時計職人の息子としてジュネーブに生まれる。中等教育終了後、公立学校ドイツ語教師となったが、『ジュネーブ評論』Revue de Genveで編集者となり、1865年にベルンに移り、急進的な雑誌『進歩』Der Fortschrittを創刊、そのほか『ヨーロッパ合衆国』Les tats-Unis d'Europeの編集に携わった。また、1875年から1903年までジュラ・ベルン・ルツェルン鉄道の事務総長も務めた。
 1891年に国際平和局International Peace Bureauの設立に同意すると、多忙のなか、できる限り平和運動に時間をさいた。国際平和局の発足から死ぬまで無報酬で局長を務め、世界各地の平和運動への援助、平和会議の開催、さらには文献の保管など、平和活動に全力をつくした。この業績により、スイスの政治家ゴバとともに1902年のノーベル平和賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュコマンの関連キーワード経水すいすいブラウンスイススイスチーズスイスチャードさんすうすいすいスイスイスイスイ川魚スイス・イタリアーナ管弦楽団スイスフラッグ鉛筆

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュコマンの関連情報