コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュトゥール デュトゥール Dutourd, Jean

2件 の用語解説(デュトゥールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュトゥール
デュトゥール
Dutourd, Jean

[生]1920.1.14. パリ
フランスの小説家。『ボン・ブール軒で』 Au Bon Beurre (1952) ,『愛の恐怖』 Horreurs de l'amour (63) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュトゥール
でゅとぅーる
Jean Dutourd
(1920―2011)

フランスの小説家。パリの生まれ。第二次世界大戦中に捕虜、脱走を繰り返しながらレジスタンス運動に参加する。戦後は初め絵画に、やがて文筆に志し、最初のエッセイシーザーコンプレックス』(1946)の成功ののち、『良質バターあり』(1952)でドイツ占領下のパリ風俗を風刺を込めて描き、アンテラリエ賞を受けた。また『ワトスン夫人の回想』(1980。邦訳『ワトスン夫人とホームズの華麗な冒険』)など、むしろイギリス的なユーモアと皮肉を込めた軽妙な筆致で真実をえぐりだして、慣習に追随し、偏見にとらわれた人間を批判的に描き出すモラリスト小説家であった。ほかに政治評論、テレビ批評を行い、またヘミングウェイカポーティなどの翻訳がある。1978年アカデミー会員となる。その後も健筆は衰えず、『アンリあるいは国民教育』(1983)、『パンセ』(1990)、『第七日、聖書時代の物語集』(1995)などを発表し続けた。[小林 茂]
『河盛好蔵訳『犬頭の男』(1976・出帆社) ▽長島良三訳『ワトスン夫人とホームズの華麗な冒険』(1982・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュトゥールの関連キーワードイルドフランス階乗エヌパリジャンバスチーユパリ祭パリのジャンパリ大賞パリマラソンペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone