コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・ゲクラン デュ・ゲクランDu Guesclin, Bertrand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュ・ゲクラン
Du Guesclin, Bertrand

[生]1323頃.ディナン,ラモットブローン
[没]1380.7.13. シャトーヌフドランドン
百年戦争前半期のフランスの軍人,将軍。ブルターニュの領主。レンヌ攻囲戦 (1356~57) で傑出した指揮者,猛将としての声望を確立。皇太子シャルル (のちのシャルル5世 ) に召しかかえられてノルマンディー,ブルターニュ,ギュイエンヌを平定。 1370年フランス軍総司令官となる。王家のためほとんど全生涯を戦陣のなかでおくったが,特に大きな戦功は王国内を横行する流浪傭兵隊の討伐と,ナバール (ナバラ) のシャルル (邪悪王) の撃破 (コシュレルの戦い,64) である。スペインに遠征すること2度。南フランス鎮定戦の最中病死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュ・ゲクランの関連キーワード普門寺鵡川沙汰未練書全相平話マショー綾小路敦有大仏宣時金沢時直愚中周及久我通雄