ブルターニュ(英語表記)Bretagne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルターニュ
Bretagne

フランス西部,ブルターニュ半島を占める地方。フィニステール,コートダルモール,モルビアン,イルエビレーヌの4県およびロアールアトランティク県の一部にあたる。中心都市レンヌ。半島中部に古生層から成るアルモリカ地塊があり,北側が隆起海岸であるのに対し,南側は低平な平野で,複雑な湾入をもつ沈降海岸に良港が発達している。温暖な気候と豊かな労働力を生かし,コムギ,野菜の栽培や家畜の飼育が盛ん。沿岸は港湾,漁業活動のほか観光地としても発展。レンヌ周辺やロアール川下流域に工場地帯が広がり,フージェールの製靴,ブレスト,ロリアンの造船なども有名。古くはケルト人が住み,長い間中央から独立したブルターニュ公国をなしていたため,今日にいたるまでブルトン語も用いられ,地名,風俗,習慣に多大な影響を残している。 1532年フランスに統合。ドルメンなど巨石記念碑が多数ある。なお地方行政区分としてのブルターニュ地域 (レジオン) はフィニステール,コートダルモール,モルビアン,イルエビレーヌの4県から成る。面積2万 7208km2。人口 279万 5600 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルターニュ

フランス西部の地方で,旧州名。現在はフィニステール,コート・デュ・ノール,モルビアン,イル・エ・ビレーヌの各県に分かれる。イギリス海峡とビスケー湾との間に突出した半島に位置し,アルモリカン山地の大部分を占める。パリ盆地から隔絶され,孤立的な風俗習慣を育てた。台地では集約農業が行われる。屈曲に富む海岸では漁業が盛んで,ヨーロッパ屈指の食品加工業地となっている。主要都市はレンヌブレストナントサン・ナゼール。先史時代に造られた巨石記念物のメンヒルドルメンが多い。紀元前1世紀ころからローマ帝国に支配されたが,5世紀末にブリテン島からケルト人が渡来し,とくに西半分はケルト文化の中心地の一つとなった。9世紀にはブルターニュ公国が成立し,長く独立を維持したが,1532年フランス王国に併合された。こうした歴史を経て,現在もブルターニュ住民は〈ブルトン人〉としての意識が強く,ブルトン語も広く使われているほか,地域主義運動も活発である。
→関連項目リージョナリズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ブルターニュ

《Bretange》フランス海軍の戦艦。1913年進水、1915年就役の超弩級戦艦。ブルターニュ級のネームシップで、排水量は約23,500トン。同型艦にプロヴァンス、ロレーヌがある。1940年、第二次世界大戦中のメルセルケビール海戦において戦没。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルターニュ【Bretagne】

フランス西部,大西洋岸に突き出したブルターニュ半島を中心とした地方で,そこにあった旧州名,公国名でもある。現在はそれよりやや狭い行政区画としての地域région名でもある。面積は半島で約2万8000km2,人口は地域で約284万(1994),旧州で約300万。中心都市は半島の付け根の中央部にあるレンヌである。三方を海で囲まれ,フランスの中で最も閉鎖的な僻地といわれる。
[自然,産業]
 この土地の骨格をなすのは,古生代のヘルシニア期に生成されたカコウ岩,砂岩よりなるアルモリカン山地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブルターニュ【Bretagne】

フランス北西部、ブルターニュ半島を占める地域。住民は五世紀にグレートブリテン島から移住したケルト系のブルトン人が多い。ドルメンなど先住者の巨石遺構が残っている。中心都市レンヌ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルターニュ
ぶるたーにゅ
Bretagne

フランス北西部の歴史的地方名、旧州名。現在もコート・ダルモール、フィニステール、イル・エ・ビレーヌ、モルビアンの4県を含む範囲の行政地域の名称として用いられる。その面積は2万7208平方キロメートル、人口290万6197(1999)。中心都市はレンヌ。旧州名の場合にはロアール・アトランティク県をも包含する。英語名ブリタニーBrittany。地質的にはアルモリカン山系からなり、緩やかな起伏が広がる丘陵地である。当地方の骨格はブルターニュ半島からなり、大西洋に突出し、東西に細長く、長さ280キロメートル、幅180キロメートルに及ぶ。海洋に囲まれるため、湿潤温暖な気候である。農業生産が卓越し、小麦栽培を主体としてきたが、牧畜(ウシ、ブタ、ニワトリ)に比重が移行するにしたがい、飼料用の穀物(大麦、トウモロコシ)栽培も増加している。漁業は大きな発展はないが、ブルターニュ半島先端部から南岸にかけていまだ活発であり、缶詰工業も盛ん。地下資源、エネルギー源がないことと、首都から遠いために工業発展が遅れ、過疎化が進んだ。近年、道路網を整備し、工業立地を促進して、農業を近代化することによって低開発地域からの脱皮を図ろうとしている。半島西端の都市ブレストは、地中海岸のトゥーロンと並ぶフランス最大級の軍港都市である。[高橋伸夫]

歴史

地名は、アングロ・サクソンの圧迫でこの地に移住したケルト系ブリトン人の居住地ブリタニアにちなむ。したがって住民はフランス人とは民族的に異なり、独自の言語・民俗を有し、歴史的にも特異な発展を遂げた。フランス革命によってフランスに完全に統合されたのちも独立運動が絶えない。
 5世紀末フランク王クロービスに征服されたが反抗を続け、845年西フランクのシャルル(カール)2世から独立的地位を獲得した。さらにノルマン人の侵入を退けたのち、938年ブルターニュ公国を形成した。公国はいくつかの伯領に分かれ、貴族の下に自由民、不可譲渡小作人、少数の農奴が存在したが、しだいにフランス風封建化への道をたどった。1213年公女アリクスがカペー王朝ルイ6世の曽孫(そうそん)と結婚して以来、公位はブリトン系からフランス系に移った。その後、百年戦争に巻き込まれる形で戦われたブルターニュ継承戦争を経て、15世紀前半のジャン5世の時代は平和が続き、ラシャ織、カンバスなどの織物業や製塩が富をもたらし、ハンザ同盟諸都市やオランダ、イギリス、スペインなどとの交易が盛んとなり、芸術面でもブルトン・ゴシック様式の黄金時代を現出した。しかし15世紀後半に至り、公国併合を策するフランスとの抗争に敗れ、最後の公フランソア2世の娘アンヌがフランス王シャルル8世と結婚(1488)して以来、公国はフランスと同君連合を形成し、フランソア1世による王国編入に至った(1532)。アンヌの時代がブルターニュとしての最盛期といわれるが、王国編入後もブルターニュはある程度の自治を認められ、地方における王権の象徴たるアンタンダン(地方総監)の設置をブルターニュが受け入れたのは1688年のことであった。
 フランス革命前年の1788年、王権は新税創設に伴い高等法院から建議権を取り上げたが、「ブルターニュの自由」を主張するレンヌ市民はこれに暴動でこたえ、この勅令を撤回させた。1789年ブルトン・クラブに拠(よ)ったブルターニュ議員は8月4日の封建特権買い戻し決議を出し、またブルターニュの自由を宣言するなど革命初期に活発な動きをみせたが、後期には国民公会の宗教政策に反発して激しい反革命暴動を繰り返した。[石原 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ブルターニュ

(Bretagne) フランス北西部、ブルターニュ半島を中心とする地方。旧州名。五世紀にアングロサクソン人にブリタニアを追われたケルト族のブルトン人が移住。現在もアイルランドウェールズとならんでケルト文化を色濃く残す。中心都市レンヌ。英語名ブリタニー。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のブルターニュの言及

【ブルトン語】より

…ケルト語派のうちのブリタニック諸語の一つ。5~6世紀にかけてブリテン島南西部から対岸のブリタニー(ブルターニュ)に渡ったケルト人がもたらしたもので,現在も同地で行われるが,話者の大部分はフランス語との二重言語使用者である。コーンウォール語に近く,古期ブルトン語(900‐1100)の頃すでに語頭の鼻音変化の機能を失った。…

※「ブルターニュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルターニュの関連情報