コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーカティーヤ朝 カーカティーヤちょう Kākatīya

2件 の用語解説(カーカティーヤ朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カーカティーヤちょう【カーカティーヤ朝 Kākatīya】

インドの中世ヒンドゥー王朝。1100ころ‐1323年。はじめチャールキヤ朝に従属してテーリンガーナーの一地域を領したが,12世紀前半,パロラ2世のとき独立し,チャールキヤ朝の衰退に乗じて勢力を広げた。13世紀,ガナパティGanapati(在位1199‐1261)の長い治世は王朝の最盛期で,ワランガルに城塞を築いて都とし,チョーラ,チャールキヤ両王朝の滅亡による混乱期に,ヤーダバ,ホイサラ,パーンディヤなどの諸王朝と争って,アーンドラ地方を中心として領土を拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーカティーヤ朝
かーかてぃーやちょう
Kkatya

南インドの王朝。11世紀初頭から1326年までデカン高原東部を支配した。最初はチャールキヤ朝の封臣の地位にあったが、しだいに勢力を増し、12世紀前半プローラ2世の治世に独立した。13世紀のガナパティ王のとき最盛期を迎え、デカン西部のヤーダバ朝、ホイサラ朝とともに、南方タミル地方チョーラ朝の地に侵入し、その北部を併合した。その結果、王国の版図は、北はゴダバリ川から南はティルチラーパリ、西はメダックから東はベンガル湾に達し、海外貿易の利をも得て繁栄を続けた。首都ワランガルが築かれたのもこの時代である。しかし、1310年プラターパルドラ2世のとき、デリー・サルタナットの遠征軍に首都を落とされ、その痛手からは回復したものの、1323年ふたたび遠征軍の攻撃を受け、滅亡に向かった。13世紀後半のルドラーンバー女王の治世に、マルコ・ポーロが王国の港モートゥパッリを訪れている。[辛島 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーカティーヤ朝の関連キーワードウルドゥー語ヒンドゥスターニー語ビハールヒンズーヒンドゥーキャンドゥー炉コマンドールドゥーランヒンドゥスターニー音楽ヒンドゥー至上主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone