デリス剤(読み)デリスざい

百科事典マイペディアの解説

デリス剤【デリスざい】

植物性殺虫剤の一種。ロテノン剤とも。有機合成剤の出現まではかなり使われた。殺虫成分ロテノンは熱帯のマメ科植物デリスの根からとる。遅効性で,接触毒。野菜のアブラムシサルハムシウリバエなどの防除に用いる。人畜毒性は中程度だが,魚に対する毒性は強い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デリス剤
でりすざい

ロテノンならびにこの類縁化合物を含有するデリス、キューベ、チンボーなどマメ科木本植物の地下茎および根を原料としてつくった殺虫剤。遅効性であるが効力は確実で、植物への薬害がきわめて少ないが、魚類に対する毒性が高い。近時合成殺虫剤に押されて使用は激減した。[村田道雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android