コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・レーケ Johannis de Rijke

1件 の用語解説(デ・レーケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・レーケ【Johannis de Rijke】

1842‐1913
オランダの土木技術者で,明治初年に日本政府が招いた御雇外国人の一人。父が臨海土木の請負業者であったことから少年時代にその業をおぼえ,長じてアムステルダムの運河会社の上級技師となる。この間にファン・ドールンに認められ,1873年に他の3人の技師とともに来日,大阪港,三国港,広島港,福岡港などの測量調査にあたり,さらに淀川,木曾川,常願寺川の改修計画や利根川運河の計画改訂,淀川水系の砂防計画印旛沼開削などを指導監督した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデ・レーケの言及

【治山】より

…また,はげ山の復旧植栽にあたってヒメヤシャブシを肥料木として植栽する工法なども幕末に滋賀県の地方で発達している。明治に入ってヨーロッパの治水技術を導入するため,オランダのデ・レーケJohannes De RijkeやオーストリアのホフマンAmerigo Hofmannらが招へいされたが,日本の地形からすると治山を重視すべきであるとし,日本在来の治山思想を入れて渓流における土木工事を含めての方法に改良している。しかし,治山事業が体系づけられたのは,第1期治水事業が開始された1911年である。…

【下水道】より

…【伊藤 好一】 明治に入って1872年(明治5)東京銀座の大火後,街路修築と同時に両側の下水溝を西洋風に改造することが行われたが,下水道の必要性が認識されるようになったのは,77年の東京におけるコレラの大流行以降のことである。オランダ人技師J.デ・レーケの意見によって,84‐86年東京神田鍛冶町などに分流式下水道を建設したのが日本の近代下水道の最初であり,煉瓦,または陶管による延長約4000mが敷設された。また同じころに横浜外国人居留地にも煉瓦造の下水道が敷設された。…

【治山】より

…また,はげ山の復旧植栽にあたってヒメヤシャブシを肥料木として植栽する工法なども幕末に滋賀県の地方で発達している。明治に入ってヨーロッパの治水技術を導入するため,オランダのデ・レーケJohannes De RijkeやオーストリアのホフマンAmerigo Hofmannらが招へいされたが,日本の地形からすると治山を重視すべきであるとし,日本在来の治山思想を入れて渓流における土木工事を含めての方法に改良している。しかし,治山事業が体系づけられたのは,第1期治水事業が開始された1911年である。…

※「デ・レーケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・レーケの関連キーワードデトリング光の科学史科学史ダグラスバルカン戦争柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争広東十三行紀行文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デ・レーケの関連情報