コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウツルモドキ Flagellaria indica L.

2件 の用語解説(トウツルモドキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トウツルモドキ【Flagellaria indica L.】

トウツルモドキ科の多年生つる植物イラスト)。全体無毛,やや木質化した茎は長くのび,樹木などに覆いかぶさり,ヨシに似た葉をつける。葉の先端は巻きひげとなって他にまといつき,葉身は披針形で長さ15~25cm,葉柄は鞘(さや)状となって茎を抱く。枝端に円錐花序を出し,小さな6弁の白色の花をつける。花期は熱帯では周年。果実は球形の核果で径6mmほど,紅熟する。インド東南アジアから南太平洋サモアまで分布し,海岸の近くに多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウツルモドキ
とうつるもどき
[学]Flagellaria indica L.

トウツルモドキ科の藤本(とうほん)(つる植物)。幹は細長く伸びて、約15メートル。葉は狭披針(ひしん)形で長さ10~20センチメートル、先は線形に伸びて巻きひげ状となり、他物に絡まる。枝先に円錐(えんすい)花序をつくり、小さな黄白色花を多数開く。花被片(かひへん)は6枚、3枚ずつ内外2輪に並ぶ。雄しべは6本。雌しべは1本で、花柱は3裂する。果実は球形で径4ミリメートル、熟すと黄紅色になる。湿気の多い水辺に生え、小笠原(おがさわら)、沖縄、およびアジア、アフリカの熱帯に広く分布する。名は、茎の形がヤシ科のトウに似るのでいう。トウツルモドキ科Flagellariaceaeは約3属10種知られ、すべて熱帯に分布する。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トウツルモドキの関連キーワード熊柳蔓梅擬蔓植物つるっ禿蔓藻擬蟷螂擬天牛鶴擬藤蔓擬

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トウツルモドキの関連情報