コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキワイカリソウ(常磐碇草) トキワイカリソウ Epimedium sempervirens

1件 の用語解説(トキワイカリソウ(常磐碇草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トキワイカリソウ(常磐碇草)
トキワイカリソウ
Epimedium sempervirens

メギ科の常緑多年草で,島根県から新潟県までの日本海側に分布する。落葉樹の林床,林縁などに生じる。葉は3回3出の複葉で,各小葉は卵形で先は鋭くとがり基部は心形,辺縁に先端がとげ状の鋸歯があり,下面には短伏毛が密に生える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トキワイカリソウ(常磐碇草)の関連キーワード岩鏡折鶴蘭磯馴葎名護蘭風蘭棒蘭三葉黄蓮海蛭藻榧蘭蔓蟻通

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone