コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゲアワフキ Machaerotidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゲアワフキ
Machaerotidae

半翅目同翅亜目トゲアワフキ科に属する昆虫の総称。アワフキムシに近いが,一般に小型。体長 (翅端まで) 8mm内外。小楯板 (しょうじゅんばん) は著しく大きく,前胸背と等長またはより長く後方に向って狭くなるか,後部が盛上がって後方へ伸長し顕著な刺状突起となる。このことからトゲアワフキの名がある。後肢脛節は円筒状で,短い0または2本の刺毛がある。幼虫は木の枝や葉の裏に石灰質の筒巣または巻貝状の巣をつくる。この中で幼虫は水液につかって,植物から吸汁しながら生活する。熱帯に多くみられ,日本にはサクラの枝に巻貝状の巣をつくるムネアカアワフキ Hindoloides bipunctataと,小楯板に強大なとげをもち,シナノキ属の植物の葉上に筒巣をつくるタケウチトゲアワフキ Machaerota takeuchiiなど4種が知られる。 (→同翅類 , 半翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゲアワフキ
とげあわふき / 棘泡吹虫

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目トゲアワフキムシ科Machaerotidaeに属する昆虫の総称。アワフキムシ科Aphrophoridaeに近縁であるが、普通小形で、体長4~9ミリ。小楯板(しょうじゅんばん)(中胸)は前胸背と等長、またはそれより長い。そして後方はだんだんと狭くなるか、または上方に湾曲した長い棘(きょく)状の突出物となり、腹端より後方まで伸びる。後脛節(けいせつ)は円柱状で、2本の短い棘(とげ)がある。幼虫は樹木の枝や葉裏に石灰質の巣をつくり、その中を細かな泡で充満し、植物体に接するところの小さな穴から吸汁する。巣の形はいろいろで、円筒状から巻き貝状のものまである。東南アジアを中心に約200種が知られている。
 日本からは、サクラの枝に巻き貝状の巣をつくるムネアカアワフキHindoroides bipunctata、シナノキやヘラノキなどに筒状の巣をつくるタケウチトゲアワフキMachaerota takeuchiiのほか数種が知られている。いずれの種も終齢幼虫で越冬し、成虫は5、6月に出現する。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トゲアワフキの関連キーワードHindoloides bipunctataトゲアワフキ(棘泡吹)竹内棘泡吹虫胸赤泡吹虫棘泡吹虫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android