コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゲトサカ トゲトサカDendronephthya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゲトサカ
Dendronephthya

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱チヂミトサカ科トゲトサカ属に含まれる種類の総称。群体を形成し,やわらかい柄の上,特に枝先に個虫が密生する。柄部の共肉中には全体にわたって骨片が含まれている。日本近海に多く,骨片が赤いオオトゲトサカ D. gigantea や骨片が体壁から突出しているためにとげとげしい印象を与えるビロードトゲトサカ D.habereri など 40種近くが知られており,水深 50m以浅の岩礁に生息している。(→サンゴ刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゲトサカ
とげとさか / 棘鶏冠

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミトサカ目チヂミトサカ科Dendronephthya属の海産動物の総称。ウミトサカ類のなかではもっとも多くの種を含み、主として西太平洋からインド洋にかけての暖海に分布する。チヂミトサカ科は個虫が枝の先端部などに固まって位置し、個虫のないところと判然と区別でき、群体柄部の共肉中には全体にわたって骨片をもつことにより、ほかの科から区別される。トゲトサカ属は枝先に個虫の密集がみられることと、個虫の背側支持骨片束が強大なことによってチヂミトサカ科の他属から区別される。
 日本の暖海から30種以上が知られていて、ポリプ頭の骨片が赤く、支持骨片束が白いオオトゲトサカDendronephthya giganteaがもっとも普通にみられるが、支持骨片束も赤いアカトゲトサカD. nipponica、すべての骨片が橙(だいだい)色のキイロトゲトサカD. aurea、群体の枝が分叉(ぶんさ)状に出るホソエダトサカD. cervicornis、個虫が散形花序配列をするビロードトゲトサカD. habereriなどがある。近縁種に、支持骨片束の発達のよくないチヂミトサカ属Nephthea、枝先の個虫が大きなグループをつくらないキバナトサカ属Stereonephthyaなどがある。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トゲトサカの関連キーワードトゲトサカ(棘鶏冠)キバナトサカカセミミズウミトサカ寄生貝類お花畑

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android