コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トスカナ大公国 トスカナたいこうこく

1件 の用語解説(トスカナ大公国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トスカナたいこうこく【トスカナ大公国】

1569年から1860年まで,イタリア中部トスカナ地方にあった大公国。その歴史は1569年,メディチ家のコジモ1世が大公に叙された年に始まる。彼は行政・法律面で統一のとれた国家の建設に努力し,ついでフェルディナンド1世の下で税制改革が行われ,商業・農業が発展して,大公国は繁栄するが,以後国力は衰微の一途をたどった。ことに商業が衰え,資本は土地に集中投下され,農業国と化した。1737年にはメディチ家が断絶,トスカナ大公国ハプスブルク家に継承される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトスカナ大公国の言及

【トスカナ[州]】より

…1530年,フィレンツェは神聖ローマ皇帝カール5世の軍勢によって征服され,共和政(都市国家)の歴史は終わった。
[トスカナ大公国]
 カール5世とメディチ家出身の教皇クレメンス7世の協定によって,メディチ家が復帰し,1532年にフィレンツェ公,69年にトスカナ大公の位を得た。大公コジモ1世はそれに先立ってシエナと戦い,これを征服した(1557)。…

【メディチ家】より

…商才にも恵まれ,メディチ銀行の経営と公国の財政を立て直し,他方バザーリチェリーニなどおおぜいの芸術家を保護した。69年,公国はトスカナ大公国に昇格するが,後継者フランチェスコ1世Francesco I de’ M.は化学・物理にしか興味がなく,その治世下で財政は乱れ,国力は著しく低下する。次代のフェルディナンド1世Ferdinando I de’ M.は進歩的政策をとり,税制改革,農業商業の振興に努め,大公国は自由と活気を取り戻し,その存在はヨーロッパ列強の一つと認められた。…

※「トスカナ大公国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トスカナ大公国の関連キーワードイタリアハプスブルク家イタリアンスタリオンUILジロデイタリアカローラFXファミリアアスティナフィットアリアフローリアン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone