コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラフカラッパ Calappa lophos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラフカラッパ
Calappa lophos

軟甲綱十脚目カラッパ科。甲幅 15cm。甲は前後左右に強く湾曲し,後側縁がひさし状にはり出している。甲の側縁部,鋏脚に黒褐色の虎斑模様がある。右側鋏脚の指の基部に上下に向き合う大きな突起がある。この突起を巻貝(→巻貝類)の縁にひっかけて割り,貝あるいはヤドカリ(→ヤドカリ類)を食べる。東京湾以南のインド西太平洋海域の水深 30~100mの砂泥底にすみ,活発に動き回る。近縁のメガネカラッパ C. philargius,ヤマトカラッパ C. japonica も浅海に広く分布し,またサンゴ礁にはソデカラッパ C. hepatica,マルソデカラッパ C. calappa などが普通に見られる。それぞれ甲の輪郭は特徴的であるが,いずれも後側縁がはり出しており,box crabと総称される。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のトラフカラッパの言及

【カラッパ】より

…古くはマンジュウガニと呼ばれていたが,オウギガニ科の中にそう呼ばれる一群があるため,属名のCalappaをそのまま和名としている。日本には10種いるが,濃紫色の虎斑模様をもつトラフカラッパC.lophos(イラスト)(甲幅10cm),両方の眼窩(がんか)が黒く縁取られているメガネカラッパC.philargius(甲幅8cm),一面に赤紫色のいぼ状突起があるヤマトカラッパC.japonica(甲幅15cm),甲の左右の張出しが丸いマルソデカラッパC.calappa(甲幅12cm),サンゴ礁の砂地にすみ,じみな色彩のソデカラッパC.hepatica(甲幅8cm)がかなりふつうに見られる。いずれもインド洋,太平洋に広く分布しており,浅海の砂泥底にすむ種が多い。…

※「トラフカラッパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トラフカラッパの関連キーワード甲類

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トラフカラッパの関連情報