コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラフカラッパ トラフカラッパ Calappa lophos

1件 の用語解説(トラフカラッパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラフカラッパ
トラフカラッパ
Calappa lophos

軟甲綱十脚目カラッパ科。甲幅 15cm。甲は前後左右に強く湾曲し,後側縁がひさし状にはり出している。甲の側縁部,鋏脚に黒褐色の虎斑模様がある。右側鋏脚の指の基部に上下に向き合う大きな突起がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトラフカラッパの言及

【カラッパ】より

…古くはマンジュウガニと呼ばれていたが,オウギガニ科の中にそう呼ばれる一群があるため,属名のCalappaをそのまま和名としている。日本には10種いるが,濃紫色の虎斑模様をもつトラフカラッパC.lophos(イラスト)(甲幅10cm),両方の眼窩(がんか)が黒く縁取られているメガネカラッパC.philargius(甲幅8cm),一面に赤紫色のいぼ状突起があるヤマトカラッパC.japonica(甲幅15cm),甲の左右の張出しが丸いマルソデカラッパC.calappa(甲幅12cm),サンゴ礁の砂地にすみ,じみな色彩のソデカラッパC.hepatica(甲幅8cm)がかなりふつうに見られる。いずれもインド洋,太平洋に広く分布しており,浅海の砂泥底にすむ種が多い。…

※「トラフカラッパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トラフカラッパの関連キーワード軟甲類貝被隠れ蟹カラッパ十脚目猿猴蟹扇蟹金銭蟹拳蟹柔蟹

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone