コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリカルボン酸回路 トリカルボンサンカイロ

デジタル大辞泉の解説

トリカルボンさん‐かいろ〔‐クワイロ〕【トリカルボン酸回路】

tricarboxylic acid cycle》生物体中で、有機物が燃焼して二酸化炭素と水になる代謝回路。糖や脂肪酸などの分解によってできた活性状態の酢酸オキサロ酢酸と結合し、三つのカルボキシル基をもつ化合物の枸櫞(くえん)酸となることから始まり、さまざまな有機酸に転変しながら炭酸ガスと水、エネルギーを生じ、再びオキサロ酢酸に戻り、同様の反応を繰り返す。枸櫞酸回路クレブス回路TCA回路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトリカルボン酸回路の言及

【クエン酸回路】より

…トリカルボン酸回路(TCA回路),クレブス回路ともいう。イギリスの生化学者クレブスH.Krebsが1930年代の後半に発見した回路。…

※「トリカルボン酸回路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トリカルボン酸回路の関連キーワードエネルギー代謝阻害剤電子伝達系阻害剤ミトコンドリアTCA 回路リケッチアカルボン酸ピルビン酸クエン酸クレブスアラニンTCAABC林檎酸琥珀酸略語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android