コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリコデルマ Trichoderma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリコデルマ
Trichoderma

不完全菌類叢生不完全菌目の1属。土壌中にきわめて普通に生息する。通常の含有機質培養上に容易に成長する。空気中に立上がる菌糸は白色または浅緑色で,不規則あるいは多少輪生状に分岐し,頂端に直角に着く細胞はいわゆるフィアライド (小梗) となる。そのとくり状の細胞の先端には小孔を生じ,そこから無性的に生じた胞子がしぼり出される。しばしば多数の胞子が次々に出て,孔口に緑色塊をつくる。この菌はシイタケ榾木 (ほたぎ) の害菌となる。なお,子嚢菌ボタンタケHypocreaの菌の分生子時代がこの種の形態をとることが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリコデルマ【Trichoderma】

不完全菌類の代表的な土壌菌の一つで,とくに落葉など繊維質の多いものを好み,空気中にもごく普通に胞子が飛散している。菌は薄くひろがって生育し,胞子を多量に形成すると胞子の色のため全体が緑色~青緑色となるため,アオカビとまちがわれやすい。胞子をつくる場合は,立ち上がっている空気中の菌糸の先がほぼ直角に分枝を1~2回するので,全体は樹状になり,先端のとっくり状の細胞から胞子が次々と生み出され,できた胞子は表面の粘質物のため塊状にかたまる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリコデルマ
とりこでるま
[学]Trichoderma

不完全菌類に属するカビの総称。青緑色の粉を吹いたように基物面に広がり、外観はアオカビに似る。トリコデルマ菌には他の菌に寄生する種が多く、寄生される菌が植物の病原菌のような害菌ならば、天敵菌として利用することができる。たとえば、ある菌は天敵微生物として農作物の白絹(しらきぬ)病の防除に使うこともある。しかし逆に、シイタケのような有用菌を攻撃する有害菌もあり、近年、トリコデルマの名が有名になったのはシイタケ栽培に大被害を与えたためである。またトリコデルマのなかには、強力なセルロース分解酵素のセルラーゼを生産する種が発見され、微生物の工業的利用が研究されている。トリコデルマの子嚢(しのう)形成時代は、ヒポクレア属Hypocreaに属するものが多い。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トリコデルマの関連キーワードセルロース分解菌生物的防除

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android