コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリバネチョウ Troides; bird-winged butterfly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリバネチョウ
Troides; bird-winged butterfly

鱗翅目アゲハチョウ科キシタアゲハ属の昆虫の総称。アゲハチョウ類では最も特殊化した一群で,すべて大型美麗種である。ジャコウアゲハに近縁で,東洋熱帯からオーストラリア東北部に分布する。約 30種,5つの明瞭なグループから成るが,学者によってはそれらをそれぞれ亜属または独立の属として扱う。雌雄で大きさ,翅形,色彩のまったく異なるものが多い。最大種アレキサンドラアゲハ T. alexandraeは世界最大のチョウとして知られ,雌は翅の開張 26cmをこえる個体があり,ニューギニアに産する。近縁のビクトリアアゲハ T. victoriaeはソロモン諸島に産する。メガネアゲハ T. priamusはニューギニア,ソロモン諸島,オーストラリア東北部に分布するが,地方変化が多い。マレー半島,スマトラ島,ボルネオ島には胸部前縁に赤色鱗を密生するアカエリトリバネアゲハ T. brookianusを産する。インド,スリランカからニューギニア,フィリピン,台湾,中国四川省にかけては,雌雄とも黒色で,他のグループにみられるような緑色鱗がなく,後翅に黄色斑のあるキシタアゲハ類 20種を産する。台湾に産するキシタアゲハ T. aeacusと,フィリピンおよび蘭嶼島に産し,雄後翅の黄色部が真珠色に輝くコウトウキシタアゲハ T. magellanusは,日本でも古くからよく知られた種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトリバネチョウの言及

【アゲハチョウ(揚羽蝶)】より

…ギフチョウとオキナワカラスアゲハは特産種で他は近隣の東アジア諸国と共通するが,日本の亜種は巨大化の傾向が著しく,キアゲハ,モンキアゲハ,ミヤマカラスアゲハの夏型の雌はアジア最大である。 日本には産しないが,インドからインドシナ,ニューギニアにかけて分布するキシタアゲハ属とトリバネチョウ属の30余種は巨大で華麗なチョウである。キシタアゲハの仲間は前翅が黒色,後翅に黄色の大きな斑紋があり,雌雄間の斑紋の差は大きくない。…

※「トリバネチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トリバネチョウの関連キーワードアカエリトリバネアゲハニューギニアモルフォ鳥羽揚羽

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android