トルエンスルホン酸(読み)トルエンスルホンさん(英語表記)toluenesulfonic acid

世界大百科事典 第2版の解説

トルエンスルホンさん【トルエンスルホン酸 toluenesulfonic acid】

トルエンのベンゼン環にスルホン酸基(スルホ基)-SO2-OHが置換した化合物。o‐,m‐,p‐の3種の位置異性体(上式)が存在する。75℃でトルエンに発煙硫酸を反応させると容易にスルホン化が起こり,o‐体19%,m‐体6%,p‐体75%の異性体混合物が得られる。pトルエンスルホン酸は通常1分子または4分子の結晶水をもち,1水和物は105~106℃の融点を示す。水によく溶け,アルコール,エーテルにも可溶

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android