コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロイカ方式 トロイカほうしきtroika system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロイカ方式
トロイカほうしき
troika system

国際機構の執行部などを世界の3つの主要勢力,すなわちソ連などの東側,アメリカなどの西側,中立的諸国の代表をもって構成する方式。ロシア語の3頭立ての馬そりを意味する「トロイカ」からきた用語。 1960年秋の第 15回国連総会でソ連の N.フルシチョフ首相が,一人制の国連事務総長をやめ東,西,中立代表各1名,合計3名から成る執行部をつくることを提案した。しかし,東側以外の反対が強く,ソ連の提案は通らなかった。そのほか,ソ連はジュネーブ軍縮委員会の構成 (1961) ,軍備全廃案のなかの国連平和軍の司令部の構成 (62) などについてもトロイカ方式の採用を主張したことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

トロイカほうしき【トロイカ方式】

三人の指導者が協力して執行体制を組むこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android