コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トワダオオカ Toxorhynchites towadensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トワダオオカ
Toxorhynchites towadensis

双翅目科。体長 10~13mmで,日本産カ科中の最大種である。体は黒色で緑と青藍色鱗片におおわれ,非常に美しい。は湾曲する。尾端の鱗毛は総状。肢の 跗節には白色部があり,飛翔中目立つ。雌雄ともに花蜜を吸い,吸血しない。幼虫は樹洞内のたまり水などにすみ,他種のカの幼虫 (ぼうふら ) を捕食する。山地に産し,北海道,本州,四国,九州に分布するが,その数は少い。 (→ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トワダオオカ
とわだおおか / 十和田大蚊
[学]Toxorhynchites towadensis

昆虫綱双翅(そうし)目糸角亜目カ科に属する昆虫。体長18~20ミリメートルの大形美麗種。体の地色は青黒色で、腹部は青色光沢をもつ黒褐色鱗(りん)で覆われており、側面に白斑(はくはん)をもつ。腹部第6・第7節には黒紫色の長毛、第8節には橙(だいだい)色の長毛束を生ずる。山地のブナ帯に多く、6~7月に出現する。日本固有種で、成虫は訪花性で昼間活動するが、吸血はしない。幼虫はブナの樹洞などに生息し、ほかのカやユスリカの幼虫を捕食し、越冬する。奄美(あまみ)諸島から西表(いりおもて)島にかけては、紫緑色を帯びた美麗種のヤマダオオカT. yamadaiが分布する。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトワダオオカの言及

【カ(蚊)】より

…この中でオオカ亜科のカはいずれも大型で(翅長7~9mmくらい),吸血の機能を欠き,幼虫は他のカの幼虫を捕食する性質をもつ。日本には山地の樹洞などに生息するトワダオオカがいる。他の亜科のカは,大部分が翅長3mm前後と小さいが,吸血性をもつため古くから注目されていた。…

※「トワダオオカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トワダオオカの関連キーワードカ(蚊)倉橋

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android