コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイジ Doisy, Edward Adelbert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイジ
Doisy, Edward Adelbert

[生]1893.11.13. イリノイ,ヒューム
[没]1986.10.23. ミズーリ,セントルイス
アメリカの生化学者,生理学者。 1923年セントルイス大学教授,24年同地のセントメアリー病院の生化学部長を兼任,E.アレン (1892~1943) と協力して卵巣ホルモンの有効因子の抽出に成功。 29年エストロンを抽出し,36年にはエストラジオールを発見。 39年2種類のビタミンKを分離,これをビタミン K1 ,K2 と命名し,さらに両者の構造決定,K1 の合成に成功した。この一連の仕事で,ビタミンKの発見者であるデンマークの H.ダムとともに,43年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドイジ

米国の生化学者。ミズーリ州セント・ルイスのワシントン大学教授。1929年エストロン(エストロゲン)の結晶化に成功,またホルモン一般の代謝などを研究。1939年,ビタミンK1,K2の分離,合成に成功した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ドイジの関連キーワードダム(Carl Peter Henrik Dam)エストラジオールビタミンK111月13日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android