コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ・イデオロギー ドイツ・イデオロギー Die deutsche Ideologie

2件 の用語解説(ドイツ・イデオロギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ・イデオロギー
ドイツ・イデオロギー
Die deutsche Ideologie

カルル・ハインリヒマルクスフリードリヒエンゲルスの共同研究になる,マルクス主義の世界観を包括的に述べた著作。1845~46年に書かれたが,完全な形で出版されたのは 1932年ウラジーミル・V.アドラツキーによってである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ・イデオロギー
どいついでおろぎー
Die deutsche Ideologieドイツ語

1845年秋から翌年にかけてマルクスエンゲルスが共同で執筆した著作。当時のドイツの代表的思想家を批判し、あわせて著者自らの「哲学的良心を清算する」ことをねらったものである。第一巻ではヘーゲル左派の論客であるフォイエルバハ、B・バウアーシュティルナーが、第二巻では真正社会主義者が取り上げられ、彼らが見かけ上の急進性にもかかわらず、現実を転倒して把握する観念論的見方を脱却しえていないイデオローグであると批判されている。とりわけ重要なのは、思想をその現実的土台にまで引き戻してとらえ直すイデオロギー論を確立した第一巻第一編「フォイエルバハ」である。ここで初めて史的唯物論の根本思想と方法が、またそれに基づいて、共産主義社会へと至るべき人類の発展史が体系的に叙述され、労働分業が疎外の原因として告発された。本編は未完であり、また編集上未決着の問題を抱えているが、マルクス主義を理解するうえで不可欠である。[藤澤賢一郎]
『『ドイツ・イデオロギー』(アドラッキー編、古在由重訳・岩波文庫/廣松渉編・訳・1974・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドイツ・イデオロギーの言及

【イデオロギー】より

…彼らはこの〈イデオロジー〉をもって正しい人知の開発と社会の変革のための指導要綱としたのであるが,のち政敵となったナポレオンから〈イデオローグ〉,つまり大言壮語する空論家,と蔑称されるにいたって,イデオロギーは多かれ少なかれ現実と遊離し,政治的実践にとって無用の空疎な観念体系,という意味合いを一方でもつようになった。ヘーゲル主義哲学を〈ドイツ・イデオロギー〉と呼び,その幻想性,非現実性を批判したマルクス,エンゲルスのイデオロギー論にもこうした観点は継承されている。しかし,虚偽意識という狭い意味だけでなく,社会科学的な意味でも観念や意識の研究に重要な一つの方法を編み出すことによって〈イデオロギー〉概念に市民権を与えることになったのがマルクス,エンゲルスのイデオロギー論である。…

※「ドイツ・イデオロギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドイツ・イデオロギーの関連キーワードフリードリヒ大王フリードリヒウィルヘルムフリードリヒII世フリードリヒ[無怖侯]フリードリヒ[1世](好戦侯)フリードリヒ[1世](ブランデンブルク辺境伯・選帝侯)フリードリヒ[2世](ブランデンブルク辺境伯・選帝侯)フリードリヒ[5世]フリードリヒ・アウグスト[1世]フリードリヒ・アウグスト[3世]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドイツ・イデオロギーの関連情報