コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ条約 ドイツじょうやくDeutschland Vertrag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ条約
ドイツじょうやく
Deutschland Vertrag

1952年5月 26日ボンでアメリカイギリスフランス3国と西ドイツの間で調印された占領の終了と西ドイツの主権回復を認めた条約。ボン協定ともいわれるが,正しくは「ドイツ連邦共和国と3連合国との間の関係に関する条約」。前文と 11条から成り,(1) 西ドイツの主権の回復,(2) 3連合国の西ドイツ駐留権およびベルリンに関する3連合国の権利の留保,(3) 西ドイツの国交未調整国との交渉について3連合国は西ドイツと協議する義務,(4) ドイツの再統一と全ドイツとの講和,などが取決められており,付属協定に3連合国の軍隊の駐留と防衛費分担が明確にされていた。この条約はもともと西ドイツの参加が予定されているヨーロッパ防衛共同体 EDC条約 (1952.5.27.調印) との関係で成立したものであるが,EDC条約が 54年8月 30日フランス国民議会で批准を拒否されたため未発効に終った。この EDC条約に代る構想としてつくられたのが西ドイツをブリュッセル条約北大西洋条約に加盟させ,再建された西ドイツ国防軍を加える案で,同年 10月3日のロンドン協定で確認され,10月 20~23日に締結されたパリ協定によって承認された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドイツ条約の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone