コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥーフ・ハルマ

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥーフ・ハルマ

江戸時代後期に作られた蘭和辞典。《ズーフ・ハルマ》ともいう。長崎の出島に滞在したオランダ商館長H.ドゥーフがF.ハルマの蘭仏辞典によって,オランダ通詞たちを指導・督励して,1812年(文化9)編纂を開始。完成はドゥーフ帰国後の1833年(天保4)であった。清書1部は幕府に献上され,江戸の天文方と長崎奉行所に各1部備えられた。当時,最大・最良の蘭和辞典であったため,蘭学者間にさかんに転写・利用され,たよりにされたようすは,緒方洪庵の適塾の状況を述べた福沢諭吉の自伝などに詳しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドゥーフ・ハルマの関連キーワード中山作三郎ハルマ辞書ハルマ和解江戸ハルマ桂川甫周和蘭字彙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android