コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルマ和解 ハルマわげ

百科事典マイペディアの解説

ハルマ和解【ハルマわげ】

波留麻和解と書き,《江戸ハルマ》とも。日本初の蘭和辞典。1796年江戸で刊行。オランダ人ハルマの蘭仏辞典の和訳で,訳者は稲村三伯宇田川玄随ら。語数約8万。蘭学の発展を促した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハルマわげ【ハルマ和解】

江戸時代に作られた日本最初の蘭和辞典。《法留麻和解》とも書かれる。江戸の大槻玄沢の門人稲村三伯がフランソア・ハルマの蘭仏辞書を玄沢から借り受け,オランダ通詞出身の石井恒右衛門の教示,同門の安岡玄真や岡田甫説の助力を得て作成した。1796年(寛政8)完成。集録語数8万語余。30部刊行。蘭学界に与えた影響は大きい。のちH.ドゥーフ(ズーフ)の指導で作られた《ドゥーフ・ハルマ》を《長崎ハルマ》と称したのに対して,これは《江戸ハルマ》と称された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルマ和解
はるまわげ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハルマ和解の言及

【稲村三伯】より

…名は箭,字は白羽,三伯は号。江戸に出て大槻玄沢に学び,日本最初の蘭和辞典の編述を志し,ハルマの蘭仏辞典を基として,1796年(寛政8)《ハルマ和解(わげ)》(江戸ハルマ)を完成した。のち下総国海上郡に隠棲し,海上随鷗(うながみずいおう)と改名。…

※「ハルマ和解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハルマ和解の関連キーワードハルマ辞書佐倉(市)波留麻和解化政文化中井厚沢藤林普山ドゥーフ葵文庫