ドジャンヌ(英語表記)Gennes,Pierre-Gilles de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドジャンヌ
Gennes,Pierre-Gilles de

[生]1932.10.24. パリ
[没]2007.5.18. オルセー
フランスの物理学者。物理学者の息子として生まれ,1955年エコール・ノルマル・シュペリュールより博士号を取得。原子力庁に技師として勤務 (1955~61) 後,パリ大学オルセー校の固体物理学教授 (1961~71) を経てコレージュ・ド・フランス教授 (1971~76) ,グラン・ゼコールのパリ市立工業物理化学高等専門学校の教壇にも立った。最初,磁性体相転移の研究に取り組み,数学的記述を与えることに成功。 1960年代には超伝導液晶へと展開し,電場によって起こる液晶の遷移現象を相転移の考え方で説明するとともに,棒状の液晶分子の配列いかんによって理論的に導き出される4種類の相について論じた。続いて高分子に取り組み,くみこみ群という方法を適用して高分子鎖の運動に関する一般的な指針を示した。「現代のアイザック・ニュートン」と評価され,1991年ノーベル物理学賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android