コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドッガー・バンク Dogger Bank

翻訳|Dogger Bank

1件 の用語解説(ドッガー・バンクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドッガー・バンク【Dogger Bank】

北海中央部のイギリスデンマークの間にある浅堆(せんたい)。語源は2本マストの北海漁船を指すオランダ語。40m等深線では長さ約300km,最大幅約130kmに及び,水深は17~37mと浅い。巨大なモレーン(堆石)が後氷期の海進によって沈水して形成され,表層は砂利などの氷河堆積物でおおわれ,マンモスの化石や泥炭などが広く分布する。魚類の産卵場となるため世界的な漁場となり,トロール船ニシン,タラ,ヒラメを中心に水揚げされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドッガー・バンクの言及

【北海】より

…南北約965km,東西約645kmで総面積約57万5000km2。全体が浅い大陸棚をなし,平均水深は約94mで,海底は一般に南から北へ傾斜しており,グレート・フィッシャー・バンクGreat Fisher Bankや水深17mのドッガー・バンクなど浅堆が多いが,北部のノルウェー沿岸では最深約700mに達する海溝がある。第三紀のゆるやかな沈降作用で海盆が形成され,そこへ古ライン川などが厚い泥質堆積物を持ち込んだ。…

※「ドッガー・バンク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone