マンモス(英語表記)Mammuthus; mammoth

  • マンモス/反逆のシルヴァーヘア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長鼻目ゾウ亜目にする化石属。ゾウ類を細分することに反対の学者は Elephas の属名で呼ぶことがある。この属にはいろいろな種が区別されているが,ほとんどのマンモスは現生のゾウとほぼ同大かやや小型である。真正マンモスのとされる M.meridionalis(または Archidiskodon)は「暖帯のマンモス」とも呼ばれ,第四紀更新世前期にアフリカ大陸からヨーロッパ南部に進出し,その後ユーラシア大陸から北アメリカ大陸まで分布を広げた。このグループから,更新世中期の草原と寒冷気候に適応した「温帯のマンモス」トロゴンテリゾウ,更新世後期のさらに寒冷な気候に適応した「毛深いマンモス」M.primigenius などが出現した。M.primigenius は,肩までの高さ最大 3m,ユーラシアや北アメリカの寒帯地域にすみ,北海道まで南下している。体毛から内臓,胃の内容まで保存されている氷漬の化石が得られており,淡褐色から暗褐色の長い剛毛に覆われ,厚い皮下脂肪をもつことや,太く,螺旋状に曲がったをもつ全骨格もわかっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

新生代第四紀更新世後期に生息し、最終氷期に絶滅した。ユーラシア大陸北部からアラスカ・カナダ東部にかけて化石が出土。インドゾウ近縁で、体高約3.5メートル、全身が30~40センチの長い剛毛で覆われ、皮下脂肪が厚く、長く湾曲した牙をもつ。北海道では歯の化石が発見されており、シベリアからは凍結死体が発掘された。
名詞の上に付いて接頭語的に用い、巨大な、大型の、などの意を表す。「マンモス都市」「マンモスタンカー」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

化石ゾウの一つ。広義にはマンモス亜科の総称だが,狭義には毛長マンモス(プリミゲニウスゾウ)をさし更新世のころユーラシア北部や北米に生息した。シベリアの毛長マンモスは肩高2.8mほどでインドゾウと等しく,ヨーロッパ産マンモス(アルメニアゾウ)は肩高3.2〜3.9mで,アフリカゾウとほぼ等しい。最大はドイツで発見されたもので,肩高4.3m。毛長マンモスは,体に褐色の長毛が密生し,皮下脂肪層の厚さは9cmもあるなど寒冷気候への適応が著しい,指は4本(現生種5本),牙(きば)は大きく(最大5m)半円状に曲がり,肩から腰にかけて体の傾きが大きいなどの特徴をもつ。シベリアからは氷づけの個体が発見され,植物片や花粉など胃の中の残渣(ざんさ)から当時の植生・気候などが推定されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

長鼻類ゾウ科の1属。化石ゾウの1グループで,この名は〈大地に住むもの〉という意味のタタール語のママントゥに由来するといわれ,マストドン学名のマンムトMammutと同じ語源である。また,シベリアで発見される多量のマンモスのきばを交易していたアラブ商人たちがカバを指して使ったとされるメヘモスという語,または聖書(《ヨブ記》40章)のビヒモスに由来するともいわれる。1796年にG.キュビエは,シベリアの化石ゾウがインドゾウやアフリカゾウともちがうのでエレファス・マンモスElephas mammothという学名をつけて別種とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (mammoth) ゾウ科の化石哺乳類。氷河時代に北半球の寒冷地に生息したゾウ類で、最大のものは体高二・八メートル。体形は現在のゾウに似ているが体は茶黒色の長毛でおおわれ、上方に湾曲した長大な牙をもつ。スゲやカバの木などを食料とした。ヨーロッパ北部・シベリア・中国・北アメリカ・北海道などで化石が発見され、シベリアでは凍土中に凍結した遺体も発掘される。〔舶来語便覧(1912)〕
[2] 〘語素〙 名詞の上に付けて、(一)のように巨大な、大型のの意を添える。
※新聞(1950)〈毎日新聞図書編集部〉二「中にはマンモス・ページといって五百四十ページもの新聞が出現する有様で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のマンモスの言及

【長鼻類】より

…中新世~更新世に広く分布したマンムト科(マンムトまたはアメリカマストドンMammut,ジゴロフォドンZygolophodon)は前科に似てしばしば同科とされるが臼歯の乳頭状突起が横列を形成する。中新世に現れたゾウ科(ステゴドンStegodon,マンモスMammuthus,現生のゾウ)は下のきばを欠き,臼歯の歯冠部が高く,咬面に多数の横畝があり,草その他の硬い植物を食べるのに適する。 アフリカの始新世~漸新世のバリテリウム科(バリテリウムBarytherium)は下の切歯が大きく,臼歯がメリテリウムに似るが,化石が貧弱で詳しいことがわからない。…

※「マンモス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android