コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドデカテオン Dodecatheon

世界大百科事典 第2版の解説

ドデカテオン【Dodecatheon】

サクラソウ科の多年草。原産地はおもに北アメリカで約30種があり,和名をカタクリモドキという。園芸的には日本ではあまり栽培されてはいないが,ドデカテオン・メアディアD.meadia L.(英名shooting star,American cowslip,prairie pointer),ドデカテオン・パトゥルムD.patulum Greene(=D.clevelandii Greene ssp.patulum (Greene) Thomps.),ドデカテオン・ヘンデルソニイD.hendersonii A.Gray,ドデカテオン・アルピヌムD.alpinum Greene(イラスト)などが山草として栽植される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドデカテオン
どでかておん
[学]Dodecatheon

サクラソウ科の耐寒性多年草。北アメリカとアジアの山岳地帯の水辺や草原に約50種分布する。鉢植え、花壇、ロック・ガーデンに利用される。春、地下の根茎から出た葉叢(ようそう)の中心に花茎を抽出し、その先にシクラメンのように反転した花を多数散形状につける。花期後、地上部は枯れ、翌春まで現れない。よく栽培されるメアディア種は北アメリカ東部原産。葉に紫斑(しはん)があり、カタクリの葉に似るのでカタクリモドキともよばれる。5~6月、桃色の花を10~20花つける。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドデカテオンの関連キーワードAmerican cowslipprairie pointer

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android