ドメニコ・ベネツィアーノ(英語表記)Domenico Veneziano

世界大百科事典 第2版の解説

ドメニコ・ベネツィアーノ【Domenico Veneziano】

15世紀中ごろに活動したイタリアの画家生没年不詳。名前からベネチア出身と推測されるが,フィレンツェ派の画家に数えられる。1438年にペルージアにいたことが知られ,39‐45年にはフィレンツェのサンテジディオ教会の回廊に,聖母伝の壁画(現存せず)を描く。初期の作とされる〈カルネセッキ祭壇画〉は,そのポーズ,顔のタイプ,玉座などに,いまだにゴシック様式の残滓が強い。しかし40年代後半の作と思われる〈サンタ・ルチア・デイ・マニョーリの祭壇画〉に見られる豊かで変化に富んだ色彩,自然の光の巧みな処理,正確な遠近法は,彼がすでにルネサンスの画家であることを示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android