ドラク島(読み)ドラクトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラク島
どらくとう
Pulau Dolak

インドネシア、西イリアン(ニューギニア島西部)南端の本土に接する島。面積7680平方キロメートル。狭小なムウリ水道でニューギニア島本土と分離されている。かつては広大な三角州の一部であった。低湿な地形で、マングローブやサゴヤシなどの密林からなる。北部には大きな湖沼が散在しており、また北岸はディグル川の河口に面する。住民は海パプア人で、ココヤシ、パンノキ、バナナなどを栽培している。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android